やってはいけないこと

みなさんはパソコンが壊れたらどうします。大事なデータがーーとかなりません。
もちろん壊れたら修理しなくてはなりません。しかし業者に頼むとお金がーとかありません。
僕自身こういう経験あります。しかし大事なデータがあるとどうしてもできません。
しかも知識がないと逆に悪化してしまうかもしれません。というわけでこのような時はどうしたらよいのかを考えていきましょう。
修理はさっきも言いましたが知識がないとできません。というわけで自分で修理が簡単なやつから紹介します。
1番簡単に修理できる型は自作です。部品が少なく自分で原因が早くわかります。
自作なので専門の知識もありますしね。次に簡単なのはデスクトップ型です。
自作よりはケーブルやらがごちゃごちゃしてますが、部品が少なくHDDだけを抜き取れる場合もあります。しかし専門じゃないと分からない場合が多いです。
電源自体が入らなければなおさらでしょう。そして1番難しいのがノート型です。
狭いところに部品が集中していてHDDが取り出せません。ノート型は自己修理をおすすめしません。

パソコンが壊れた場合ネット通信もできなくなることがあります。それはそのはずスマホなどを持ってなければ修理方法を調べられません。
しかもネットに載っている情報はすべて正しいとは限りません。というわけでやはり専門の業者に直してもらうのが1番です。
ではいまからいろいろな方法を紹介します。1番安くで済むのは親戚、近所の人の協力です。
しかしもちろんデメリットもあります。間違って壊してしまう可能性もありますし、業者じゃないので保証は効きません。
安くで安定してるのは原因の究明のみをしてくれる業者です。デスクトップ・自作などは原因がわからなければ解明してもらい、部品交換などは時自分で行うというのが理想ですが、ノートの場合は究明しても直すのは簡単ではありません。
そして1番安定するながやはり購入した会社から直すのを依頼するしかありません。